北里大学病院小児科

アイコン学生・研修医の皆さまへ学生・研修医の皆さまへ

TOPページ >研修医募集特設ページ -病棟医・研修医の声 2

研修医募集特設ページ

病棟医・研修医の声 2
関谷 里佳

関谷 里佳

神奈川県出身 2015年 北里大学 卒業

研修年次:5年目
資格:普通自動車免許、漢検2級、英検2級
趣味:ダンス、美味しいお酒とごはんを探すこと、
最近韓国ドラマにもはまっています
子どもの頃なりたかった職業:
新体操の選手、幼稚園や小学校の先生

ワンチームの一体感が
成長へと導いてくれる

子どもが大好きなことから、幼稚園や小学校の先生になりたいと思っていましたが、家族の病気をきっかけに医師を身近に感じるようになり、医療の仕事を志すようになりました。 以前はどちらかといえば優柔不断な性格だったのですが、当直を担当したり、北里大学メディカルセンターへ出向したりした経験が、決断力や対応力を培ってくれました。 上級医の先生たちは、熱心に指導してくださるだけでなく、自ら積極的に臨床に立って患者さまと向き合っており、その姿が大きな励みになります。また、新しくきれいで、 かつ充実した設備の中で学べることも大きな魅力と感じています。同期の先生たちとはオフに食事へ行くことも多く、忘年会に向けて一緒に出し物の練習をしたことは良い思い出。 上級医の先生がよく「ワンチーム!」とおっしゃっていますが、まさに皆が一丸となっている風通しの良い環境だと実感しています。 研修先選びは大変だと思いますが、いろいろな経験を積めて、丁寧に成長できるよう配慮してもらえる当科の環境・雰囲気は、自信をもってお勧めできます。
川⽥ 孝平

川⽥ 孝平

静岡県出身 2015年 北⾥大学 卒業

研修年次:5年目
資格:普通自動車免許(AT限定)
趣味:ソロキャンプ始めました
座右の銘:努力は裏切らない
子どもの頃なりたかった職業:映画監督、宇宙⾶⾏⼠

幅広い診療を経験し、
動じない強さを修得する

北里大学病院小児科では、手技はすべて初期研修医の仕事なので、上級医の先生が付きながら、何でも挑戦させてもらえます。 中等症患者から重症患者まで診療でき、ここでの研修経験があれば、二次救急病院でも動じない強さが身につけられます。 私自身、実際に二次救急病院で研修を受けた経験がありますが、少しも困ることはなく、改めて当科の研修内容が優れていることを実感しました。 何かトラブルになりそうな場合でも、患者であるお子さまの保護者にしっかり説明すれば理解してもらえること。これも上級医の先生たちに教えてもらったことです。 NICU回診時には、先輩の先生が主治医の先生も気付かなかった所見を指摘しされたことが印象に残っています。経験を積んだ先生の嗅覚の鋭さを身近で感じることができたのも、貴重な経験です。 common diseaseを診たいと市中病院を目指す先生も多いと思いますが、その機会はいずれたくさん訪れるため、若いうちは大学病院など、専門性の高い病院を選ぶことをお勧めします。
川⽥ 孝平

川⽥ 孝平

静岡県出身 2015年 北⾥大学 卒業

研修年次:5年目
資格:普通自動車免許(AT限定)
趣味:ソロキャンプ始めました
座右の銘:努力は裏切らない
子どもの頃なりたかった職業:映画監督、宇宙⾶⾏⼠
土岐 美久

土岐 美久

神奈川県出身 2015年 獨協医科大学 卒業

研修年次:5年目
資格:普通自動車免許
趣味:裁縫、子どもと一緒にお菓子作りなど
座右の銘:努力は裏切らない
子どもの頃なりたかった職業:幼稚園の先生

出向して気づいた
北里大学病院小児科の恵まれた環境

もともと子どもが好きだったこともあり、小さい時は幼稚園の先生や保育士を目指していました。 医療の道に進路変更したのは、高校時代に体験したこども病院でのボランティアがきっかけです。 子どもたちが入院している様子を目の当たりにし、彼らを元気できる小児科医になろうと思ったのです。 研修先に当科を選んだのは、全国的に見ても限られたところにしかない小児集中治療(PICU)があることが理由のひとつです。 また、新生児集中治療室(NICU)の規模も大きいので、毎日のように患者さまが入院して、豊富な経験が積めると思ったからです。 実際に働いていると、当科は病棟、NICU、PICUと分かれてはいますが、それぞれが孤立しているわけではなく、連携する仕組みができています。 またスタッフ同士の関係も良好で、気軽に相談できる同期や先生方もいるので、安心して働けます。先月から出向で市中病院へ行っているのですが、 当科の恵まれた環境にあらためて気づかされました。いまでは、身に付けた経験を出向先病院での診療に応用しています。
芹澤 陽菜

芹澤 陽菜

茨城県出身 2013年 信州大学 卒業

資格:小児科専門医
趣味:裁縫、子どもと一緒にお菓子作りなど
子どもの頃なりたかった職業:ケーキ屋さん

柔軟な勤務環境だから
子育て中の医師でも安心して働ける

北里大学病院小児科は、神奈川県北部の小児医療を担っていることもあり、非常にバリエーションに富んだ疾患の治療を経験することができます。 小児集中治療(PICU)があるため高度治療が必要な患者さんはもちろん、まちのクリニックに来るような患者さんも診られるのが特徴です。 教科書で習ったことを実際の現場で、経験を通して自分の知識や経験として習得できるのは当科のメリットだと思います。 私には3歳の子どもがいるため、毎朝、保育園へ送っていかないといけません。ちょうど朝のカンファレンスの時間と重なってしまいますが、参加を免除していただいています。 医師の状況に合わせて、勤務を柔軟に調整してもらえる環境は非常に助かります。 また、ほかの医局に比べて若い教授が多いため、伸び代も大きく可能性を感じられる病院です。小児科の場合、病院によって経験できる疾患のバリエーションは大きく変わってきます。 最終的にクリニックで働くとしても、幅広い知見が得られる大学病院を経験することは重要だと思います。
芹澤 陽菜

芹澤 陽菜

茨城県出身 2013年 信州大学 卒業

資格:小児科専門医
趣味:裁縫、子どもと一緒にお菓子作りなど
子どもの頃なりたかった職業:ケーキ屋さん
北里大学病院 小児科〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里 1-15-1
北里大学病院 小児科
〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里 1-15-1
pagetop