北里大学病院小児科

アイコン学生・研修医の皆さまへ学生・研修医の皆さまへ

TOPページ >研修医募集特設ページ -病棟医・研修医の声 1

研修医募集特設ページ

病棟医・研修医の声 1
飯塚 泉

飯塚 泉

茨城県出身 2020年 北里大学 卒業

研修年次:2年目
資格:PALS(Pediatric Advanced Life Support)、
全日本剣道連盟三段、普通自動車免許
趣味:映画鑑賞
座右の銘:一期一会
子どもの頃なりたかった職業:看護師

「おめでとう」の言葉と出会うため
一人ひとりに合った診療を実践

国境なき医師団の活動に憧れたことが、医師を目指すきっかけです。 北里大学出身の私は、充実した施設や教育熱心な先生、アットホームな雰囲気は入職前から知っていたので、研修先選びは迷いありませんでした。 現在は、重症心身障害児の在宅医療支援病棟を担当しています。発熱ひとつとっても重症心身障害児は細心の対応が必要です。 筋緊張による発熱のケースもあるので、過去の症状を見直すなどしながら、その子に合った診療を心掛けています。 小児科で働くようになってから、親御さんへの説明の難しさを感じています。親にとって子どもは、自身以上に大切な存在。 しっかり納得して、不安を解消していただくためにはコミュニケーションが大切さだと改めて実感しています。 将来は新生児専門医を目指しています。「おめでとう」という言葉が飛び交う幸せな場面に出会えるからです。 この科では出産後も働き続ける子育て医師もたくさんいます。互いに支え合いながら女性も働きやすい職場環境は素晴らしいと思います。
岩井 麻樹

岩井 麻樹

東京都出身 2018年 横浜市立大学 卒業

研修年次:4年目
趣味:ハイキング、散歩
座右の銘:早寝早起き
子どもの頃なりたかった職業:キャリアウーマン

患者である子どもだけでなく
家族のことも考えられる医師を目指して

東日本大震災をきっかけに、自分の力で多くの人の命を救いたいと考え、医師を目指すようになりました。 私は他大学出身で初期研修も後期研修も別の大学病院でしていたのですが、研修を受けているうちに新生児医療への関心が高まり、北里大学病院小児科へ移ってきました。 ここは、さまざまな症例の新生児を診ているのでとても勉強になります。さらに指導医の先生方は熱心な方が多く、知識が豊富なことに驚かされます。 皆さんから、いまの私と同じ研修医時代の話を聞くたびに、もっと頑張らないといけないと身が引き締まります。 小児科では、治療をして治ればただちに退院とはいきません。看護師やサポートセンターの方々とも情報共有しながら、 それぞれの家庭環境や事情を考えた上で退院を決めていくことの大切さを学びました。 将来は患者である子どもはもちろん、親御さんや家族のことも考えられる医師になりたいと考えています。
岩井 麻樹

岩井 麻樹

東京都出身 2018年 横浜市立大学 卒業

研修年次:4年目
趣味:ハイキング、散歩
座右の銘:早寝早起き
子どもの頃なりたかった職業:キャリアウーマン
宮本 奈央子

宮本 奈央子

神奈川県出身 2021年 東邦大学 卒業

研修年次:1年目
趣味:散歩
座右の銘:遠きに行くには必ず邇きよりす
子どもの頃なりたかった職業:医師

医師も看護師も職員も関係良好
想像以上に楽しく、充実した日々

子どもの頃、お世話になった先生に憧れたことが、私の原点です。当時の思いが消えることなく続き、現在のモチベーションになっています。 大学の実習時には、小児科に限らずさまざまな科を検討しましたが、子どもを元気にして笑顔にすることにやりがいを感じたことから、進むべき道が決まりました。 北里大学病院小児科は設備も教育プログラムも充実していて、気に入っています。 先生方はもちろん、看護師も薬剤師も清掃スタッフも、どの職員も笑顔で気持ちよく仕事をしている印象です。 指導医の先生方は、医学の進歩に合わせて弛まず知識をアップデートされており、さまざまな疾患に対しても柔軟に対応されていることに驚嘆しています。 親御さんへの説明やフォローの仕方にも、学ぶことが多いですね。研修医の仕事は体力的に大変なこともありますが、思っていたよりも楽しく働けています。 この環境を活かして、いずれは小児の腎臓領域の専門医として、全身を診ることができる小児科医になりたいと思います。
山田 茉莉子

山田 茉莉子

東京都出身 2021年 東邦大学 卒業

研修年次:1年目
資格:普通自動車免許
趣味:旅行、読書
座右の銘:Climb every mountain
子どもの頃なりたかった職業:ペットショップ店員

NICU、PICU、一般病棟など
多様な経験ができる成長に最適な環境

身近に医療関係者がいたこともあって、私自身も自然と医師を目指していました。 研修先に北里大学病院小児科を選んだのは、設備が充実している点に加え、NICUとPICU、一般病棟の3部門がうまく連携していることに魅力を感じたからです。 それから、2カ月ごとに配置転換が行われ、その中でさまざまな経験が積めることもメリットだと感じました。 日々のカンファレンスでは「教育」を重視してくれていて、上級医の先生にも質問しやすい環境だと思います。 現在、仕事の中で特に課題に感じているのは、患者の家族に対する症状の説明です。 適切な順番や、分かりやすい言葉づかい、心情への細やかな配慮など、さまざまな技術が求められますますが、指導医の先生にバックアップしていただきながら、なんとかこなしています。 子どもの成長を支え、大人の医療に繋げることができる小児科ならではの醍醐味も実感しており、充実した毎日を送っています。 研修先を検討中の皆さんも、ぜひこの北里大学病院小児科で、初期研修とは一味違うやりがいを感じてください。
山田 茉莉子

山田 茉莉子

東京都出身 2021年 東邦大学 卒業

研修年次:1年目
資格:普通自動車免許
趣味:旅行、読書
座右の銘:Climb every mountain
子どもの頃なりたかった職業:ペットショップ店員
米澤 映里

米澤 映里

東京都出身 2020年 徳島大学 卒業

研修年次:1年目
趣味:筋トレ
座右の銘:好きこそものの上手なれ
子どもの頃なりたかった職業:獣医師

子育てと勤務、どちらも大切にできるのは
手厚く支えてくれる仲間のおかげ

北海道で初期研修をしていたのですが、夫の転勤にともない北里大学病院小児科へ移ってきました。 当科は充実した施設はもちろん、教育体制も整っているのが特長です。 指導医の先生方は、自身の専門分野はもちろんですが、教育に関する知識も積極的に学ばれていて、「こうしたら学ぶ機会が得られる」「こうした方がみんなの頭に残る」といったことをつねに考えながら指導してくれています。 ですから、小児科を学びたい先生には、強くお勧めできる場所だと思います。 また私の場合、小さな子供を育てていることもあって、上級医の先生方や同僚が早く退勤できるように気を使ってくれているので助かります。 私が育ったところは小児科もない場所で、地域の人々はつねに不安を抱えていました。その不安を少しでも解消できたらと思い医師を目指すようになりました。 小児専門医を取得してから経験を積み、いずれは総合診療医になることも視野に入れて、へき地医療で活躍できたらと考えています。
北里大学病院 小児科〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里 1-15-1
北里大学病院 小児科
〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里 1-15-1
pagetop