新生児集中治療室(Neonatal Intensive Care Unit : NICU)

我々が担当する部署は、NICU病棟21床、GCU病棟10床になります。神奈川県の認定する総合周産母子医療センターで、県央北相地区の唯一の基幹病院になります。県内トップクラスのNICU病床数があり、入院患者様をお引き受けしています(図1)。特に、出生体重1500g未満の極低出生体重児、人工呼吸器管理症例、先天性心疾患の入院件数は県内一、二位になります(図2.3)。また、地域においても当院を中心に、相模野病院、相模原協同病院、大和市立病院とNICUを有する病院とのネットワークを構築し、重症患者は北里で受け、中等・軽症例は相模野病院、相模原協同病院、大和市立病院で対応するようにし、重症症例の当院での受け入れが可能になっています。さらに、地域の周産期医療のレベルアップを図るために、最先端の周産期医療に携わる先生を講師としてお招きし周産期講習会を年4回行っています。また、当院の使命として、退院後の家族も支える必要と考え、NICU家族の会を設立し、毎年11月に卒業生家族を集め講演会と意見交換会を行い好評を得ています。また、周産期のプロフェッショナルを養成する機関としても、日本周産期・新生児学会が認定する認定施設でもあり、専門医の育成を行うとともに、専門看護師の養成にも協力しています。

今後も、地域の方々が、安心して出産、育児ができるような病院を目指して運営していきたいと思っています。

新生児集中治療室(NICU)主任 釼持 学
(図1)総入院数
(図2)疾患別年間入院数
NICU病室1
NICU病室2
GICU病室
新生児処置
ホットライン対応
NICUスタッフ