臨 床 研 修 の 現 場 か ら

川村 典子

2011年4月に北里大学病院小児科に入局しました。

大学入学前から小児科を考えていたので、初期研修終了の際に大きく悩むことはありませんでした。子どもが成長する過程で、何かしらお手伝いができれば良いなと思って選びました。初期研修の間にいろんな科で研修し、成人も楽しかったし、とても勉強になったと思うので、できる経験はできるだけできるうちにするのが大切だと思います。

今は病棟チーフの立場となり、上級医の先生にしていただいたことを還元していけるように精進する日々です。実際、病棟は多忙で、「楽」だとは言えませんが、赤ちゃんもいれば中学生もいて、様々な年代の子どもたちと接していく中で、「楽しい」と思うことがたくさんあります。痛い思いをさせなければいけないときもあり、心苦しいときがあるのも事実ですが、その先の笑顔のためにみんなで頑張っています。

紺野 寿

現在、病棟医として北里大学病院に勤務しています。

自分が小児科を志したのは、病気に苦しむ子ども達を元気にしてあげたいという思いがあったからでした。子ども達には限りのない未来があります。その未来を病気のために閉ざしてしまう、もしくは暗いものにしてしまうことはあってはならないことだと思います。もちろんすべての病児が元気になるわけではありませんが、それでも家族の一員として最高の時間が過ごせ、幸せを感じてもらえるように全力を尽くすことも、非常に大切な医療だと考えます。

こんなやりがいある小児科診療を行うには、日々のたゆまぬ努力が絶対不可欠です。時には激務の中、こちらが死にそうになることもあります。無精髭もボウボウです。しかし一緒に頑張る仲間達、そんな僕らを御指導くださる諸先生方の助けがあって、充実した日々を過ごしています。ぜひ一緒に、子ども達を笑顔にしましょう!!

原口 啓之介

元々父が小児科医で開業しており、身近に見続けていた事もあって医者=小児科医、と言う感覚を持っていましたが、前期研修の3ヶ月間の小児科病棟での経験によって小児科への思いが強まり、小児科希望となりました。

小児科医として、大学病院での病棟医としての高度な医療を中心とした経験、関連病院へ出向しての大学病院とは違った広い範囲での医療の経験を経て、現在は北里大学東病院の小児在宅支援センターで仕事をしています。在宅医療への移行支援、重症心身障害児など医療的ケアが必要な子供の短期入院、デイケア、等を中心としており、より地域、家庭に近い所での医療の経験を積む事によって、より多角的な視野で患者及びその家族に向かい合えるようになったと思っています。

小児科は患者の全身を診る科であり、患者家族との距離も非常に近く、医師として必要なものがこれでもかっ!といった具合に詰まった科です。医師として、人として、広い範囲で患者、家族と向き合って行きたいと思っている方は一度見学にいらしてください。

白井 宏直

① なぜ小児科なのか?
小児科医として働くことは、やりがいがあると感じた。初期研修医中は、北里大学病院と市中病院で研修した。大学病院では、成人の救急疾患と同様に、挿管人工呼吸管理、A-line、CVカテーテルを留置し、低体温療法や血液浄化療法などの集中治療を行い、回復していく患児が印象的であった。市中病院では、軽症から中等症の患児に対して、数日~1週間の入院で回復していく様を経験した。困っている患児・家族に対して、一生懸命働く小児科医の姿は格好良かった。

② 2年間を大学で過ごして
入局後2年間を大学病院で過ごした。挿管管理が必要になったRSウイルス感染症や喘息、低体温療法が必要な脳症など、搬送してきた重症症例を多く経験した。その経験より学んだことは、どの児も重症化する可能性があり、状態の見極めが大事ということである。若手のうちに、重症症例の初期対応、治療、経過を学べたことは、大きな財産であった。

③ 今後について
現在は、関連病院で日々忙しく働いている。大学病院、関連病院の経験をへて、小児科専門医取得を目指している。

④ 入局を考えている方へ
2014年に新病院となった。PICU、NICUなど集中治療室を一度見学に来て頂きたい。将来的に開業したい人、留学したい人、様々なプランがあると思うが、若手のうちに多くの症例を経験出来る北里大学病院小児科へ入局を待っています。

田村 佑平

これから小児科を考えている方へ

私は、今年で病棟医3年目になります。小児科病棟を見学されたり、研修された方は忙しいイメージを持たれる方が多いと思います。実際に入局して病棟医になっても印象はそれほどかわりません。しかし、このことは小児科に限ったことではないと思います。どこの病院、診療科でも大変な時期はあると思います。そのなかでもやりがいや目標があれば続けられるのではないかと思います。元気になって退院していく子達に、逆に元気をもらうこともあります。私は初期研修医の時は全く小児科志望ではありませんでした。しかしPICUで研修して将来的には小児集中治療の道に進みたいと思い入局を決めました。まずは気軽に見学や研修をしてみてください。よろしくお願いします。

金子 雅紀

ここでは、2014年4月に入局してからの1年半、病棟研修を行ってきた感想を述べさせて頂きます。

一般病棟・PICU病棟・NICU病棟で、分野の垣根を越えて多数の症例を受け持つことで、得られた知識や手技は多いですが、小児科は学ぶべき分野が広い分だけ、今なおわからないことが多いことを痛感しております。しかし、病棟チーフや各専門の上級医の先生方のしっかりとした指導があるおかげで、日々新たなことを吸収する機会があり、飽きることのない病棟生活を送っています。結果的に北里大学病院小児科に入局して良かったと実感しております。現在、前期研修医で小児科を考えている先生方には、北里大学病院小児科をお勧めします。入局された暁には楽しく、充実した日々を共に過ごしましょう。

武知 峻輔

小児科に入局を決めた理由は、1番に子供が好きだったからです。また、小児科領域は一部の外科部門を除いて、小児科にしかできないことが多いです。これは診療科としての特殊性でもありますが、自分にしかできないことを職にすることは、誇りになると思います。

入局したての頃は、右も左もわからない状況で、本当にやっていけるのか不安でした。時に先輩方に厳しく指導され、同期に支えられ、1年間が経ちました。北里大学病院の小児科は病床、症例数が多く、臨床においては日々忙しいですが、そんな中で働くことで自分の小児科医としての成長を実感します。

また、当院は一般小児科だけでなく、NICU、PICUも充実し、小児科の超急性期から慢性期を網羅できます。こんな大学病院は少ないです。

小児科を考えている、研修医の先生方は一度当院を見にきてください。ここには書ききれないので、ぜひ実際の当院小児科を目にして欲しいです。

そして一緒に働いてみませんか?お待ちしております。

西田 尚史

現在、後期研修医2年目として勤めています。

平成26年5月、周産母子成育医療センターが設立されました。後期研修医は、小児科一般病棟、小児集中治療室PICU、新生児集中治療室NICUの3部門を交替で担当します。小児科医になり、まだ1年間しか勤めていませんが、多くのことを学ぶことができると日々実感しています。

小児科一般病棟では、基礎疾患を有する児の治療もします。全身状態が安定せず、治療に苦渋することもありますが、完治した児の笑顔を見たときは底知れない喜びがあります。また、心臓カテーテル検査、ホルモン負荷試験等の検査入院も担当します。

PICUでは、外科手術された児の術後管理、外傷などの重症例等を経験します。気管内挿管、人工呼吸器管理等、一般小児科では経験できない数多くの手技・管理を経験します。

NICUでは、出生した新生児を蘇生し、全身管理をします。超低出生体重児、先天性心奇形合併児等、全身管理が困難な新生児が多いです。しかし、急性期を乗り切り、成長していく児を見ると新生児医療のかけがえのなさを感じます。

小児科では、内科的治療だけではなく急性期医療もできなければならないと知りました。北里大学病院小児科は、知識だけではなく、急性期の判断・対応を学ぶことができる、恵まれた医療現場です。

知識、技術共に未熟ではありますが、引き続き精進し勤めますので宜しくお願い申し上げます。

橋本 芽久美

私は医学部を志したときから小児科を考えていましたが、決め手となったのは研修医2年目に小児科を回った時のことです。医師になってから初めてやりがいと充実感、仕事の楽しさを感じてここでやっていきたい!と思いました。病棟医になって2年目、日々勉強の毎日です。壁にぶつかって悩むことも多いですが、尊敬できる先生方とともに1つひとつの問題と向き合って診療にあたることが出来るのはとても恵まれているなと感じています。幅広い症例が集まってくるため、好奇心は尽きません。また子供たちの笑顔をみたら疲れも吹っ飛びます。小児科に興味を持っていただけると嬉しいです。ぜひ見学にいらしてください。

川田 孝太

私は、学生時代から小児科医になることは決めていました。やはりこどもと接するのは楽しいですし、病気で元気のない児が笑顔で退院していく姿は、何にも代え難いものです。次に出身大学である当院に残るか、他の病院で働くか迷った末、やはり当院に残ることを決めました。北里大学病院小児科の魅力は、①PICUがあり様々な急性疾患を診ることができる、②症例・手技が豊富で多くの経験を積むことができる、③アットホームな医局で相談しやすい、などが挙げられます。小児科医が不足している昨今で、「忙しい科」ではありますが、日々、自分にとって新たな知識・経験を得ることができ、充実した生活を送っています。

少しでも興味がある方は是非一度、見学にお越し下さい。そしてよければ一緒に働きましょう。若手の勢いで、当科、ひいては日本の小児科全体を盛り上げていくことが出来ればと思います。