子育て医師の立場から | 入局・研修のご案内 | 北里大学病院小児科

子 育 て 医 師 の 立 場 か ら

芹澤 陽菜

後期研修2年目で出産し、1年間の育児休暇を経て、現在は東病院の小児在宅支援センターで勤務しています。本院での急性期治療中とは違い、慢性期となり、病気と寄り添いながら生活する子供たちと、時には療育に参加したりしながら、日々過ごしています。当直は免除していただき、子供の保育園からの呼び出しのときなど、様々な場面でほかの先生方に協力していただいています。出産前と同じように働くことは難しいですが、理解ある先生方、看護師の方々にたくさん声をかけていただき、時には育児や家事のことなどのアドバイスをもらいながら、楽しく働くことができています。

復職して思うことは、多少なり現場から離れる時間ができたとしても、出産・育児を経験することは、小児科医としてはプラスになったということです。母という経験を少しずつ重ねることで、今までと異なる視点ができ、御家族の心配や思いを共有できる部分がより多くなったように思います。専門医取得までに+1年必要にはなりましたが、医師としても母としても重要な基礎を築くことでき、自分にとっては有意義な時間でした。

自身のライフイベントが仕事につながることは、小児科にとっての魅力のひとつだと思います。また小児科は小児総合診療であるため範囲が広く、そのために多様な働き方ができるのではないかと思います。私自身はライフステージによって形をかえながら、細々とでも末永く、小児医療に携わりたいと思っています。

藤本 まゆ

入局3年目にあたる4年前に長男を、1年前に長女を出産しました。自分の子どもと向き合う時間がほしくて、それぞれ1歳になるまでの間、育児休業を取らせて頂きました。その後当直を免除していただく形で常勤医として復帰しています。

長男を産んだあとは、後期研修が終わっていなかったこともあって、"非常勤・時短勤務でとりあえず復帰してみる"という考えは端からありませんでした。保育園の早朝保育と延長保育を毎日フル活用しても、朝の採血には間に合わないし、夜も時間になれば残りの仕事をお願いして、走って帰る日々でした。後期研修が終わってスタッフになってからも、同じような日々で、決して余裕のある生活ではなく、心折れそうになることもあります。たくさんの先生方やコメディカルの方からお声をかけていただいたり気遣っていただいたりして、その都度乗り切っています。

医者としての自分の興味、そして一人の母親としての育児の経験を診療に活かしたいと思い、長男を産んだあとに専門をアレルギーに決めました。

食物アレルギーと一言で言っても、本当にアレルギーで治療が必要な子から、親の過剰な心配のせいで食べ始められないままアレルギーと言われてしまっている子まで様々です。

ほんの少しのコツを知らないがために、何をやっても発疹が良くならず、赤ちゃんは痒みのせいでいつも不機嫌、それを見て心を痛めながら、自分を責めるお母さんもいます。

医学知識を伝え指導するだけでなく、食事作りの大変さに共感したり、とっておきレシピを教え合ったり、育児の悩みを共有したりしながら、みんなの安全で楽しい生活を支えていきたいと思っています。