小 児 科 ア ル バ ム

2018年10月14日 "NICU家族の会"

10/14(日)に毎年恒例の"NICU家族の会"を開催しました。

例年通り2部制で開催し、1部は当院の中西教授による講演『早産児に見られる慢性肺疾患(入院中の治療から、退院後の注意点まで)』、2部はグループに分かれての交流会を開催しています。

今年も、たくさんのご家族に参加していただき、懐かしい顔も拝見することができました。また、毎年、当大学の学生に周産期医療に興味を持ってもらうことを目的にボランティアを募集しています。そちらもたくさんの学生が参加してくれました。

NICU主任

2018年9月23-26日 アジア・オセアニア周産期学会

2018年9月23-26日にアジア・オセアニア周産期学会がフィリピンのマニラホテルで開催され、当院新生児科の山口綾乃先生が、
演題名:「 Trends in Morbidity and Mortality in 22-24 Weeks Gestational Age from 2003-2012: A Retrospective Cohort Study in Japan.」
でポスター発表を行いました。

山口先生の演題は、日本周産期新生児医学会が募集する若手研究者助成10名の内の一人に選出されております。

写真は、フィリピンのレジデントAnna先生から質問を受け、身振り手振りでディスカッションをしている山口先生です。来日した際には北里大学NICUをぜひ見学したいとのことでした。また夕方の懇親会では、2020年に東京で開催されることを記念して、高円寺の阿波踊りチームが懇親会会場で実演した際に山口先生も日本からの参加者を代表して、阿波踊りを一緒に披露しました。

これからも北里大学小児科を、盛り上げていきたいと思います。

2018年7月28日(土)開催 がっつり新生児セミナー

神奈川県の新生児医療を盛り上げようと、県内の新生児科医が立ち上がりました。

"がっつり新生児セミナー"は、神奈川県の新生児医療に興味のある、学生、初期・後期研修医を対象にした講演・実技セミナーです。

台風が近づく中の7/28(土)に昭和大学北部病院で開催されました。

学生、研修医合わせて25人が集まってくれました。当院からも、中西、横関、大岡、釼持と4人が参加しました。写真は、グループデイスカッションの様子です。神奈川県の新生児科医の人柄が出ていた素敵な会でした。我々も若い世代の熱意を感じることができました。この中から、将来、ともに働く人がでてくることを期待したいです。

NICU主任

2018年7月22日(日)開催 NICU家族の会

7/22(日)に"NICU家族の会"主催の講演会を開催しました。

毎年7月にNICU卒業生のご家族を対象とした講演会を開催しています。

今年は、鎌倉女子大の小林保子先生を講師にお招きし『家族全員が社会の中で豊かに過ごすために~インクルーシブ保育・教育を踏まえた子育て~』というテーマでお話しいただきました。

猛暑の中を30名近く集まっていただきました。

変わり行く障害児教育について、分かりやすく解説いただきました。また、先生のお人柄を感じられるお話しで、ご家族は共感される部分が多かったのではないでしょうか?我々、スタッフも勉強させていただきました。

NICU主任

2018年7月11日(水)開催 第1回北里小児症例検討会

7/11(水)に第1回北里小児症例報告会を開催いたしました。

この会は、地域の病院から3次搬送された症例を、地域の先生方と"とことん"検討することで、地域の子供達のより良い予後を目指していくとこを趣旨として発足した会です。

平日でしたが、院内・外の小児医療に携わるスタッフに集まっていただきました。

発表は、当院の若手にお願いし、熱のこもった発表・討論が時間を過ぎるのも忘れ繰り広げられました。

アンケート結果では、複雑化する研修システムで研修が限定される状況を背景に『貴重な症例経過を横断的に聞けて勉強になった』や、学生からは『若い先生の情熱が伝わった』『自分のプレゼンの見本となった』などの感想が聞けました。

会終了後の懇親会にも地域の先生方に参加いただき、普段、紙面上のやり取りをしている先生方と、顔が見える関係を築けた機会は重要だったと感じました。

小児科講師